幹部裁判官人事の一覧表

第0 目次

第1 最高裁裁判官及び高裁長官人事の一覧表
第2 最高裁長官等の前後の経歴一覧
第3 歴代の幹部裁判官の一覧
第4 歴代の幹部裁判官の一覧表
第5 東京高裁の歴代の代表常置委員
第6 大阪高裁の歴代の上席裁判官
第7 東京地裁の歴代の第一所長代行
第8 大阪地裁の歴代の所長代行者,上席裁判官,大阪簡裁司掌裁判官等

*1 以下の記事も参照してください。
① 幹部裁判官の名簿
② 幹部裁判官の後任候補者
③ 幹部裁判官の定年予定日
④ 元幹部裁判官の名簿
⑤ 歴代の女性最高裁判所判事一覧
⑥ 歴代の女性高裁長官一覧
*2 首相官邸HPに「国会同意人事機関の現状について」(平成16年3月現在のもの)が載っていますところ,幹部裁判官の人事は国会同意人事ではありません。
*3 官職要覧ブログ「裁判所の官職」「法務省の官職」及び「検察庁の官職」が非常に参考になります。

第1の1 最高裁裁判官及び高裁長官人事の一覧表

1(1) 最高裁裁判官及び高裁長官人事の一覧表として,以下の時点のものを掲載しています。
①   平成29年 2月 6日時点
② 平成29年 7月14日時点
③ 平成30年 1月29日時点
④ 平成31年 1月 1日時点
(2)  この一覧表を見れば,高裁長官の直前のポストが何であるか,及び高裁長官の直後のポストが何であるかが分かります。

2 一覧表における氏名右の括弧内の数字は期であり,0期は高輪1期(昭和22年12月修習終了)及び高輪2期(昭和23年4月修習終了)ことです。
  高輪1期及び高輪2期というのは,日本国憲法が施行された昭和22年5月3日時点で司法官試補の地位にあった人のことであり,裁判所法施行令18条1項に基づき,司法修習生を命ぜられたものとして取り扱われています。

3 最高裁判所判事(裁判所法5条1項)及び下級裁判所裁判官(裁判所法5条2項)はいずれも内閣が任命するという点で共通します。
   しかし,憲法上,最高裁判所判事は内閣が独自の判断で任命できる(憲法79条1項参照)のに対し,下級裁判所裁判官は最高裁判所の指名した者の名簿によって任命する必要がある(憲法80条1項本文前段)という点で異なります。

4 昭和61年7月以降に任命された最高裁判所裁判官については,「最高裁判所裁判官国民審査」を参照してください。 

5(1) 高輪1期以降の出身者の場合,高等裁判所長官及び地方裁判所長を経ずに最高裁判所判事に就任した裁判官は,最高裁判所事務総長から任命された7期の千種秀夫裁判官(平成5年9月13日~平成14年2月21日)だけです。
(2)  高輪1期より前の司法官試補(「司法官採用に関する戦前の制度」参照)出身者の場合,高等裁判所長官及び地方裁判所長を経ずに最高裁判所判事に就任した裁判官は以下のとおりです。
① 東京高等裁判所部総括判事から任命された岩田誠裁判官(昭和39年8月31日~昭和47年11月25日)
② 東京高等裁判所部総括判事から任命された中村治朗裁判官(昭和53年9月22日~昭和59年2月19日)
③ 東京地方裁判所長から任命された谷口正孝裁判官(昭和55年4月16日~昭和62年1月27日)

6(1) 平成29年5月12日付の司法行政文書不開示通知書によれば,最高裁判所裁判官が退官するときの事務手続が書いてある文書は存在しません。
(2) 平成29年6月8日付の,最高裁判所事務総長の理由説明書には,以下の記載があります。
   最高裁判所判事の退官に伴う行事として挨拶回りを実施した例があるが,挨拶周りは担当部署において退官する最高裁判所判事の意向を確認したうえで,実施の有無,内容及びスケジュールを確定しているところ,これらの確定は,口頭での確定により行っているものであり,これらの事務手続に関する司法行政文書は作成していない。ただし,この実施事務を担当する係員が,日時や連絡先等を書き込んだメモを作成していることはあるが,このメモは,当該係員限りで利用し,その保存及び廃棄についても当該係員個人の判断により行っているため,当該メモは,司法行政文書に該当しない。加えて,他に退官行事として実施している事務はないことから,司法行政文書は作成していない。
   また,退官行事に関連して他の機関から文書を取得してもいない。

最高裁裁判官及び高裁長官人事の一覧表(平成29年7月14日時点)

第1の2 最高裁長官等の前後の経歴一覧

○以下の表を掲載しています。
 
① 最高裁長官,最高裁判事,事務総長,首席調査官及び司研所長前後の経歴一覧表
 
② 最高裁の審議官,秘書課長兼広報課長,情報政策課長,局長6人,上席調査官3人,司研事務局長及び総研所長,並びに法務省の民事局長,訟務局長及び人権擁護局長前後の経歴一覧表
 
③ 高裁長官及び知財高裁所長前後の経歴一覧表
 
④ 高裁事務局長前後の経歴一覧表
 
⑤ 大規模地家裁所長(東京地裁,東京家裁,横浜地裁,さいたま地裁,千葉地裁,大阪地裁,大阪家裁,京都地裁,神戸地裁,名古屋地裁及び福岡地裁)の所長前後の経歴一覧表

第1の3 歴代の幹部裁判官の一覧

1 最高裁判所の歴代の幹部裁判官
① 歴代の最高裁判所事務総長
② 歴代の最高裁判所首席調査官
③ 歴代の司法研修所長
④ 歴代の最高裁判所審議官
⑤ 歴代の最高裁判所秘書課長
⑥ 歴代の最高裁判所情報政策課長
⑦ 歴代の最高裁判所総務局長
⑧ 歴代の最高裁判所人事局長
⑨ 歴代の最高裁判所経理局長
⑩ 歴代の最高裁判所民事局長兼行政局長
⑪ 歴代の最高裁判所刑事局長
⑫ 歴代の最高裁判所家庭局長
⑬ 歴代の最高裁判所民事上席調査官
⑭ 歴代の最高裁判所刑事上席調査官
⑮ 歴代の最高裁判所行政上席調査官
⑯ 歴代の司法研修所事務局長
⑰ 歴代の裁判所職員総合研修所長

2 高等裁判所の歴代の幹部裁判官
① 歴代の東京高裁長官
② 歴代の知財高裁所長
③ 歴代の大阪高裁長官
④ 歴代の名古屋高裁長官
⑤ 歴代の広島高裁長官
⑥ 歴代の福岡高裁長官
⑦ 歴代の仙台高裁長官
⑧ 歴代の札幌高裁長官
⑨ 歴代の高松高裁長官

3 地方裁判所の歴代の幹部裁判官
① 歴代の東京地裁所長
② 歴代の横浜地裁所長
③ 歴代のさいたま地裁所長
④ 歴代の千葉地裁所長
⑤ 歴代の大阪地裁所長
⑥ 歴代の京都地裁所長
⑦ 歴代の神戸地裁所長
⑧ 歴代の名古屋地裁所長
⑨ 歴代の福岡地裁所長

4 家庭裁判所の歴代の幹部裁判官
① 歴代の東京家裁所長
② 歴代の大阪家裁所長

第4 歴代の幹部裁判官の一覧表

1 歴代の幹部裁判官の名簿は以下のとおりです。
① 歴代の幹部裁判官の一覧表(平成14年度から平成28年度まで)
② 歴代の幹部裁判官の一覧表(平成4年度から平成13年度まで)
③ 歴代の幹部裁判官の一覧表(昭和56年度から平成3年度まで)

2 この一覧表を見れば,昭和56年度から平成28年度までの最高裁判所裁判官,最高裁判所事務総長及び事務総局局長,高等裁判所長官,地家裁所長等がすべて分かります。

3 歴代の高裁長官については,Wikipediaに掲載されていますから,リンクを張っておきます。
東京高等裁判所大阪高等裁判所名古屋高等裁判所広島高等裁判所
福岡高等裁判所仙台高等裁判所札幌高等裁判所高松高等裁判所

第5 東京高裁の歴代の代表常置委員

1 東京高裁常置委員会規程を掲載しています。
   同規程2条1項には,「常置委員会は,委員12人でこれを組織し,そのうち2人を代表委員とする。」と書いてあります。
 
2 東京高裁の歴代の代表常置委員は以下のとおりです。
  ただし,着任日については,前任者の定年退官発令日等を記載しただけであるため,現実の着任日より少し先の日付となっています。
① 民事部代表常置委員
17期の鬼頭季郎裁判官(~平成17年9月11日)
19期の赤塚信雄裁判官(平成17年9月12日~)
21期の江見弘武裁判官(平成18年6月19日~)
21期の石川善則裁判官(平成19年5月7日~)
22期の小林克巳裁判官(平成21年4月20日~)
23期の原田敏章裁判官(平成22年2月5日~)
24期の南敏文裁判官(平成23年3月19日~)
26期の鈴木健太裁判官(平成24年11月26日~)
26期の園尾隆司裁判官(平成26年7月26日~)
27期の加藤新太郎裁判官(平成26年11月19日~)
29期の高世三郎裁判官(平成27年4月1日~)
29期の富田善範裁判官(平成28年4月9日~)
30期の菊池洋一裁判官(平成28年6月19日~)
33期の杉原則彦裁判官(平成29年10月25日~)
② 刑事部代表常置委員
19期の河邉義正裁判官(~平成19年1月12日)
20期の高橋省吾裁判官(平成19年1月13日~)
21期の安廣文夫裁判官(平成20年1月25日~)
21期の原田國男裁判官(平成21年8月23日~)
22期の阿部文洋裁判官(平成22年2月26日~)
23期の植村立郎裁判官(平成22年6月6日~)
26期の若原正樹裁判官(平成23年6月14日~)
27期の金谷暁裁判官(平成24年11月18日~)
28期の村瀬均裁判官(平成26年8月1日~)
29期の井上弘通裁判官(平成27年8月6日~)
32期の大島隆明裁判官(平成28年9月5日~)
33期の青柳勤裁判官(平成30年1月1日~)

3 東京高裁の代表常置委員は,一般的には東京高裁長官代行といわれています。

4 平成28年9月5日に大阪高裁長官に就任した井上弘通東京高裁12刑部総括は,東京高裁刑事部代表常置委員であり,最高裁判所刑事上席調査官の経験者です。
    そのため,東京高裁部17民部総括から大阪高裁長官に就任した菅野博之裁判官の前例を考えれば,大阪高裁長官の後任候補者としては十分に予想されたものであったと思います。

第6 大阪高裁の歴代の上席裁判官

1 大阪高裁の歴代の民事上席及び刑事上席は以下のとおりです。
  ただし,着任日については,前任者の定年退官発令日等を記載しただけであるため,現実の着任日より少し先の日付となっています。
① 民事上席裁判官
19期の岡部崇明裁判官(~平成17年8月21日
20期の井垣敏生裁判官(平成17年8月22日~)
21期の横田勝年裁判官(平成20年10月8日~)
23期の大谷正治裁判官(平成21年3月27日~)
23期の永井ユタカ裁判官(平成22年1月3日~)
25期の渡邊安一裁判官(平成23年12月31日~)
25期の前坂光雄裁判官(平成24年12月13日~)
26期の矢延正平裁判官(平成26年1月16日~)
28期の水上敏裁判官(平成27年3月12日~)
30期の森宏司裁判官(平成28年3月7日~)
31期の山下郁夫裁判官(平成29年4月19日~)
② 刑事上席裁判官
18期の白井万久裁判官(~平成18年9月25日)
21期の島敏男裁判官(平成18年9月26日~)
24期の古川博裁判官(平成20年8月2日~)
25期の森岡安廣裁判官(平成23年9月30日~)
28期の的場純男裁判官(平成26年3月9日~)
30期の並木正男裁判官(平成27年12月18日~)
31期の福崎伸一郎裁判官(平成28年3月17日~)
32期の笹野明義裁判官(平成29年7月15日~)
34期の増田耕児裁判官(平成29年9月30日~)
34期の樋口裕晃裁判官(平成30年10月13日~)

2 大阪高裁の上席裁判官は,一般的には大阪高裁長官代行といわれています。

第7 東京地裁の歴代の第一所長代行

1(1) 東京地裁司法行政事務処理規程を掲載しています。
   東京地裁司法行政事務処理規程24条によれば,東京地裁所長代行者は7人いて,その内訳は,民事部の部総括3人(うち,1人は21民(=民事執行センター)の部総括)),刑事部の部総括2人,東京簡裁司掌裁判官1人,東京地裁立川支部長1人です。
(2) 東京地裁の民事部第一所長代行及び刑事部第一所長代行は東京地裁の裁判所委員会委員となっています(裁判所HPの「東京地方裁判所委員会委員」参照)。
 
2 東京地裁の所長代行者及び常置委員に関する文書を掲載しています。
① 平成29年度分
② 平成30年度分
③ 平成31年度分

3 東京地裁の歴代の民事部第一所長代行は以下のとおりです。
   東京地裁民事部の場合,前任の民事部第一所長代行が転出した時点で民事部第二所長代行が昇格することにより就任していますから,就任日と前任者の異動発令日が一致します。
28期の市村陽典裁判官(平成19年12月17日~)
29期の荒井勉裁判官 (平成21年 4月20日~)
32期の菅野博之裁判官(平成23年 1月19日~)
33期の小林昭彦裁判官(平成24年 3月12日~)
34期の大門匡裁判官 (平成25年 7月 8日~)
36期の白井幸夫裁判官(平成26年10月 2日~)
37期の八木一洋裁判官(平成27年 8月16日~)
38期の近藤昌昭裁判官(平成28年 9月 5日~)
39期の中山孝雄裁判官(平成29年 6月23日~)
40期の渡部勇次裁判官(平成30年 9月 7日~)
 
4 東京地裁の歴代の刑事部第一所長代行は以下のとおりです。
   東京地裁刑事部の場合,前任の刑事部第一所長代行が転出した時点で刑事部第二所長代行が昇格することにより就任していますから,就任日と前任者の異動発令日が一致します。
26期の永井敏雄裁判官(平成17年 5月25日~)
27期の岡田雄一裁判官(平成18年12月11日~)
28期の村瀬均裁判官 (平成20年 9月 5日~)
30期の三好幹夫裁判官(平成22年 1月 1日~)
32期の河合健司裁判官(平成23年 5月18日~)
33期の栃木力裁判官  (平成24年 3月27日~)
34期の合田悦三裁判官(平成26年 4月 1日~)
36期の若園敦雄裁判官(平成27年 7月11日~)
37期の中里智美裁判官(平成28年 7月22日~) 
39期の大野勝則裁判官(平成29年 9月 3日~)
40期の伊藤雅人裁判官(平成30年 8月30日~)

第8の1 大阪地裁の歴代の所長代行者,上席裁判官,大阪簡裁司掌裁判官等

1 大阪地裁司法行政事務処理規程を掲載しています。
 
2 大阪地裁の歴代の所長代行者は以下のとおりです。
  ただし,着任日については,前任者の異動発令日を記載しただけであるため,現実の着任日より少し先の日付となっています。
26期の佐々木茂美裁判官(~平成17年7月21日)
27期の吉野孝義裁判官(平成17年7月22日~)
28期の松本芳希裁判官(平成19年3月31日~)
30期の小佐田潔裁判官(平成22年1月18日~)
31期の山下郁夫裁判官(平成23年5月10日~)
33期の小久保孝雄裁判官(平成23年12月19日~)
34期の中本敏嗣裁判官(平成24年11月18日~)
36期の小野憲一裁判官(平成26年11月19日~)
38期の古財英明裁判官(平成28年2月22日~)
40期の森純子裁判官(平成30年10月4日~)
 
3 歴代の大阪簡裁司掌裁判官は以下のとおりです。
  ただし,着任日については,前任者の異動発令日を記載しただけであるため,現実の着任日より少し先の日付となっています。
27期の吉野孝義裁判官(平成16年3月31日~)
28期の松本芳希裁判官(平成17年7月22日~)
30期の小佐田潔裁判官(平成19年3月31日~)
31期の山下郁夫裁判官(平成22年1月26日~)
33期の小久保孝雄裁判官(平成23年5月17日~)
34期の中本敏嗣裁判官(平成23年12月19日~)
36期の小野憲一裁判官(平成24年11月18日~)
38期の古財英明裁判官(平成26年11月19日~)
40期の森純子裁判官 (平成28年2月22日~)
42期の北川清裁判官 (平成30年10月4日~)
 
4 大阪地裁の司法行政事務の代理順序(大阪地裁の事務分配54条)を見る限り,大阪地裁所長代理順序2位の上席裁判官は大阪簡裁司掌裁判官です(1民の吉野裁判官→10刑の松本裁判官→1民の小佐田裁判官→1民の山下裁判官→1民の小久保裁判官→1民の中本裁判官→1民の小野裁判官→1民の古財裁判官)。
  そして,大阪地裁所長代理順序3位の上席裁判官は,大阪簡裁司掌裁判官ではない上席裁判官,つまり,1民(保全部)部総括又は10刑(令状部)部総括であると思われます。
 
5 歴代の大阪地裁1民部総括は以下のとおりです。
  ただし,着任日については,前任者の異動発令日を記載しただけであるため,現実の着任日より少し先の日付となっています。
27期の吉野孝義裁判官(平成16年3月31日~)
30期の小佐田潔裁判官(平成17年7月22日~)
31期の山下郁夫裁判官(平成22年1月26日~)
33期の小久保孝雄裁判官(平成23年5月17日~)
34期の中本敏嗣裁判官(平成23年12月19日~)
36期の小野憲一裁判官(平成24年11月18日~)
38期の古財英明裁判官(平成26年11月19日~)
40期の森純子裁判官(平成28年2月22日~)
42期の北川清裁判官 (平成30年10月4日~)

6(1) 歴代の大阪地裁10刑部総括は以下のとおりです。
  ただし,着任日については,前任者の異動発令日を記載しただけであるため,現実の着任日より少し先の日付となっています。
28期の松本芳希裁判官(平成15年4月1日~)
29期の川合昌幸裁判官(平成19年3月31日~)
30期の並木正男裁判官(平成21年5月22日~)
32期の横田信之裁判官(平成23年1月1日~)
33期の中川博之裁判官(平成24年2月20日~)
34期の西田眞基裁判官(平成26年1月29日~)
36期の宮崎英一裁判官(平成27年2月17日~)
41期の遠藤邦彦裁判官(平成28年1月1日~)
43期の村越一浩裁判官(平成30年7月18日~)
(2) 平成19年3月31日以降,大阪地裁10刑部総括の後任者は常に大阪地裁12刑部総括(租税部)となっています。

1(1) 交通事故(検察審査会を含む。)及び債務整理の初回の面談相談は無料であり,相続情報公開請求等の面談相談は30分3000円(税込み)です。
   交通事故及び債務整理については,無料の電話相談もやっています。
(2) 相談予約の電話番号は「お問い合わせ」に載せています。
 
2 執務時間は原則として平日の午前10時から午後7時30分までですが,事前のご予約があれば,午後8時30分まで夜間相談可能です。
 
3 弁護士山中理司(大阪弁護士会所属)については,略歴及び取扱事件弁護士費用事件ご依頼までの流れ,「〒530-0047 大阪市北区西天満4丁目7番3号 冠山ビル2・3階」にある林弘法律事務所の地図を参照してください。