司法修習1

司法研修所,司法修習,司法修習生及び二回試験関係

   以下の記事があります。
 
第1 司法研修所関係
1 司法研修所
2 司法研修所における事務の取扱い
3 司法研修所教官の名簿
4 司法研修所使用教材(白表紙)
 
第2 司法修習関係

1 実務修習地の選び方
2 実務修習地ごとの人数の推移等
3 司法修習開始前の日程
4 司法修習の日程
5 司法修習期間中の就職説明会の日程
6 導入修習
7 検察修習
8 集合修習

9 選択型実務修習

10 旧司法試験,司法修習及び二回試験の成績分布及び成績開示

 
第3 司法修習生関係

1 司法修習生
2 司法修習生の修習給付金及び修習専念資金
3 司法修習生の修習資金貸与制
4 司法修習生の給費制,及び修習手当
5 司法修習生の採用選考,健康診断及び名刺
6 司法修習生の修習専念義務,兼職・兼業の禁止及び守秘義務
7 司法修習生の欠席,罷免及び逮捕,並びに民間労働者との比較
8 司法修習生の組別志望状況及び任官状況 
 
第4 二回試験関係

1 二回試験(司法修習生考試)
2 二回試験(司法修習生考試)の応試心得
3 二回試験等の日程
4 二回試験の不合格者数及び不合格率等

司法研修所本館
司法修習生バッチ

第2 司法修習に関する法規及び通達

1(1)   平成24年11月当時の司法修習ハンドブックからの抜粋として,司法修習生に関連する法規及び通達を掲載しています。
   66期当時のものですから,導入修習に関する記載はありません。
(2) 以下の法規及び通達が含まれています。
① 裁判所法抜粋
② 司法研修所規則
③ 司法研修所規程
④ 司法研修所事務局分課規程
⑤ 司法修習生に関する規則
⑥ 司法修習生に関する規則第19条第2項の報告について
⑦ 司法修習生の規律等について
⑧ 司法修習生のバッジに関する規程
⑨ 司法修習生指導要綱
⑩ 分野別実務修習における各分野の指導準則
⑪ 選択型実務修習の運用ガイドライン
⑫ 司法研修所いずみ寮在寮準則
⑬ 司法修習生が取り扱う裁判修習関連の情報のセキュリティ対策について

2 実務修習の具体的内容は,平成23年5月に作成され,平成26年8月に改訂された,「分野別実務修習における指導のガイドライン」(第13回法曹養成制度改革顧問会議(平成26年11月20日開催)資料6-3)を熟読すれば分かります。

3 平成19年1月当時の司法修習制度に関する議論については,東弁リブラ2007年1月号「どう変わる?司法修習」が参考になります。
1 相談予約の電話番号は06-6364-8525であり,交通事故(検察審査会を含む。)及び債務整理の初回の面談相談は無料であり,相続情報公開請求等の面談相談は30分3000円(税込み)です。
   交通事故及び債務整理については,無料の電話相談もやっています。
 
2 執務時間は原則として平日の午前10時から午後7時30分までですが,事前のご予約があれば,午後8時30分まで夜間相談可能です。
 
3 弁護士山中理司(大阪弁護士会所属)の略歴取扱事件弁護士費用事件ご依頼までの流れ等はこちらであり,「〒530-0047 大阪市北区西天満4丁目7番3号 冠山ビル2・3階」にある林弘法律事務所の地図はこちらです。