弁護士出身の最高裁判所裁判官の一覧

第0 目次

第1 弁護士出身の最高裁判所裁判官の氏名の推移
第2 大阪弁護士会出身の最高裁判所判事の一覧

* 「最高裁判所裁判官国民審査」及び「第24回最高裁判所裁判官国民審査」も参照してください。

第1 弁護士出身の最高裁判所裁判官の氏名の推移

1   昭和22年8月4日から平成2年1月3日までの,弁護士出身の最高裁判所裁判官の氏名は以下のとおりであり,昭和36年12月30日から昭和38年12月12日までの間,弁護士出身の最高裁判所判事は2人しかいませんでした。
   また,弁護士出身の最高裁判所判事が実質的に5人だった時期は,①昭和22年8月4日から昭和23年6月28日までの間,②昭和26年10月5日から同年11月30日までの間及び③昭和45年7月31日から昭和46年4月26日までの間だけでした(山口厚最高裁判所判事が弁護士出身であるとした場合,④平成29年2月26日から同年3月30日までの間も含まれます。)。

(1) 昭和22年8月4日,三淵忠彦(元 三井信託銀行法律顧問)が初代最高裁判所長官となる。
① 昭和22年8月4日~ :塚崎直義(元 東弁会長),長谷川太一郎(元 一弁会長),真野毅(元 二弁会長),小谷勝重(元 大弁会長),庄野理一(元 東弁弁護士)
② 昭和23年6月29日~:塚崎直義,長谷川太一郎,真野毅,小谷勝重
(2) 昭和25年3月3日,田中耕太郎(元 文部大臣)が第2代最高裁判所長官となる。
① 昭和26年2月15日~:長谷川太一郎,真野毅,小谷勝重
② 昭和26年4月12日~:長谷川太一郎,真野毅,小谷勝重,谷村唯一郎(元 東弁会長)
③ 昭和26年10月5日~:長谷川太一郎,真野毅,小谷勝重,谷村唯一郎,本村善太郎(元 一弁弁護士)
④ 昭和26年12月1日~:真野毅,小谷勝重,谷村唯一郎,本村善太郎
⑤ 昭和31年11月11日~:真野毅,小谷勝重,本村善太郎
⑥ 昭和31年11月22日~:真野毅,小谷勝重,本村善太郎,河村大助(元 東弁弁護士)
⑦ 昭和32年1月15日~:真野毅,小谷勝重,河村大助
⑧ 昭和32年1月30日~:真野毅,小谷勝重,河村大助,高橋潔(元 一弁弁護士)
⑨ 昭和33年6月9日~:小谷勝重,河村大助,高橋潔
(3) 昭和35年10月25日,横田喜三郎(元 東京大学法学部長)が第3代最高裁判所長官となる。
① 昭和35年12月24日~:河村大助,高橋潔
② 昭和35年12月27日~:河村大助,高橋潔,山田作之助(元 神戸弁弁護士)
③ 昭和36年12月30日~:河村大助,山田作之助
④ 昭和38年6月2日~:山田作之助
⑤ 昭和38年6月6日~:山田作之助,城戸芳彦(元 東弁弁護士)
⑥ 昭和38年12月13日~:山田作之助,城戸芳彦,柏原語六(元 東弁弁護士)
⑦ 昭和41年4月22日~:城戸芳彦,柏原語六
⑧ 昭和41年5月10日~:城戸芳彦,柏原語六,色川幸太郎(元 大弁会長)
(4) 昭和41年8月6日,横田正俊(元 東京高等裁判所長官)が第4代最高裁判所長官となる。
① 昭和42年1月17日~:城戸芳彦,柏原語六,色川幸太郎,松本正雄(元 二弁会長)
② 昭和42年9月20日~:城戸芳彦,色川幸太郎,松本正雄,飯村義美(元 東弁副会長)

(5) 昭和44年1月11日,石田和外(元 東京高等裁判所長官)が第5代最高裁判所長官となる。
① 昭和45年7月31日~:城戸芳彦,色川幸太郎,松本正雄,飯村義美,藤林益三(元 一弁弁護士)
② 昭和45年12月20日~:色川幸太郎,松本正雄,飯村義美,藤林益三
③ 昭和45年12月22日~:色川幸太郎,松本正雄,飯村義美,藤林益三,小川信雄(元 東弁弁護士)
④ 昭和46年4月27日~:色川幸太郎,松本正雄,藤林益三,小川信雄
⑤ 昭和46年12月6日~:色川幸太郎,藤林益三,小川信雄
⑥ 昭和46年12月7日~:色川幸太郎,藤林益三,小川信雄,坂本吉勝(元 二弁弁護士)
⑦ 昭和48年1月30日~:藤林益三,小川信雄,坂本吉勝
⑧ 昭和48年2月2日~:藤林益三,小川信雄,坂本吉勝,大塚喜一郎(元 一弁弁護士)
(6) 昭和48年5月21日,村上朝一(元 東京高等裁判所長官)が第6代最高裁判所長官となる。
① 昭和50年8月7日:藤林益三,坂本吉勝,大塚喜一郎
② 昭和50年8月8日~:藤林益三,坂本吉勝,大塚喜一郎,本林譲(元 日弁連事務総長)
③ 昭和51年3月27日~:藤林益三,大塚喜一郎,本林譲,環昌一(元 二弁弁護士)
(7) 昭和51年5月25日,藤林益三(元 一弁弁護士)が第7代最高裁判所長官となる。
(8) 昭和52年8月26日,岡原昌男(元 大阪高等検察庁検事長)が第8代最高裁判所長官となる。
① 昭和52年8月26日~:大塚喜一郎,本林譲,環昌一,本山亨(元 名古屋弁弁護士)
② 昭和54年3月31日~:大塚喜一郎,環昌一,本山亨
(9) 昭和54年4月2日,服部高顕(元 大阪高等裁判所長官)が第9代最高裁判所長官となる。
① 昭和54年4月2日~:大塚喜一郎,環昌一,本山亨,塚本重頼(元 東弁弁護士)
② 昭和55年2月5日:環昌一,本山亨,塚本重頼
③ 昭和55年2月6日~:環昌一,本山亨,塚本重頼,宮崎梧一(元 一弁弁護士)
④ 昭和56年10月18日~:環昌一,本山亨,宮崎梧一
⑤ 昭和56年11月2日~:環昌一,本山亨,宮崎梧一,大橋進(元 東弁弁護士)
⑥ 昭和57年4月12日~:本山亨,宮崎梧一,大橋進,木戸口久治(元 二弁弁護士)
⑦ 昭和57年8月11日~:宮崎梧一,大橋進,木戸口久治
⑧ 昭和57年8月16日~:宮崎梧一,大橋進,木戸口久治,和田誠一(元 大弁弁護士)
(10) 昭和57年10月1日,司法官試補30期の寺田治郎(元 東京高等裁判所長官)(司法官試補30期)が第10代最高裁判所長官となる。
① 昭和59年5月5日~:大橋進,木戸口久治,和田誠一
② 昭和59年5月8日~:大橋進,木戸口久治,和田誠一,島谷六郎(元 一弁弁護士)
(11) 昭和60年11月5日,高輪1期の矢口洪一(元 東京高等裁判所長官)(高輪1期)が第11代最高裁判所長官となる。
① 昭和61年1月9日~:大橋進,和田誠一,島谷六郎
② 昭和61年1月17日~:大橋進,和田誠一,島谷六郎,坂上壽夫(元 二弁弁護士)
③ 昭和61年4月24日~:大橋進,島谷六郎,坂上壽夫
④ 昭和61年5月21日~:大橋進,島谷六郎,坂上壽夫,佐藤哲郎(元 東弁弁護士)
⑤ 昭和61年6月13日~:島谷六郎,坂上壽夫,佐藤哲郎,林藤之輔(1期・元 大弁弁護士)
⑥ 昭和62年8月7日~:島谷六郎,坂上壽夫,佐藤哲郎
⑦ 昭和62年9月5日~:島谷六郎,坂上壽夫,佐藤哲郎,奥野久之(元 神戸弁弁護士)
(12) 平成2年2月20日,3期の草場良八(元 東京高等裁判所長官)が第12代最高裁判所長官となる。
平成2年1月5日~:島谷六郎,坂上壽夫,奥野久之
平成2年1月11日~:島谷六郎,坂上壽夫,奥野久之,橋元四郎平(6期・元 日弁連事務総長)
平成2年1月24日~:坂上壽夫,奥野久之,橋元四郎平
平成2年2月20日~:坂上壽夫,奥野久之,橋元四郎平,佐藤庄一郎(2期・元 日弁連事務総長)
平成2年8月27日~: 坂上壽夫,橋元四郎平,佐藤庄一郎
平成2年9月3日~: 坂上壽夫,橋元四郎平,佐藤庄一郎,木崎良平(3期・元 大弁会長)
平成5年4月1日~: 橋元四郎平,佐藤庄一郎,木崎良平,大野正男(6期・元 日弁連理事)
平成5年4月13日~:佐藤庄一郎,木崎良平,大野正男,大白勝(6期・元 神戸弁護士会会長)
平成6年2月16日~:木崎良平,大野正男,大白勝,尾崎行伸(7期・元 一弁会長)
平成6年7月25日~:大野正男,大白勝,尾崎行伸,河合伸一(9期・元 大弁副会長)
平成7年2月13日~:大野正男,尾崎行伸,河合伸一,遠藤光男(7期・元 日弁連司法修習委員会委員長)
(13) 平成7年11月7日,7期の三好達(元 東京高等裁判所長官)が第12代最高裁判所長官となる。
平成9年9月3日~:尾崎行伸,河合伸一,遠藤光男
平成9年9月8日~:尾崎行伸,河合伸一,遠藤光男,元原利文(7期・元 神戸弁護士会会長)
(14) 平成9年10月31日,9期の山口繁(元 福岡高等裁判所長官)が第14代最高裁判所長官となる。
平成11年4月19日~: 河合伸一,遠藤光男,元原利文
平成11年4月21日~:河合伸一,遠藤光男,元原利文,梶谷玄(11期・元 一弁会長)
平成12年9月13日: 河合伸一,元原利文,梶谷玄
平成12年9月14日~:河合伸一,元原利文,梶谷玄,深澤武久(13期・元 東弁会長)
平成13年4月22日~: 河合伸一,梶谷玄,深澤武久
平成13年5月1日~:河合伸一,梶谷玄,深澤武久,濱田邦夫(14期・元 二弁副会長)
平成14年6月11日~:梶谷玄,深澤武久,濱田邦夫,滝井繁男(15期・元 大弁会長)
(15) 平成14年11月6日,13期の町田顕(元 東京高等裁判所長官)が第15代最高裁判所長官となる。
平成16年1月5日:梶谷玄,濱田邦夫,滝井繁男
平成16年1月6日~:梶谷玄,濱田邦夫,滝井繁男,才口千晴(18期・元 日弁連倒産法改正問題検討委員会委員長)
平成17年1月15日~: 濱田邦夫,滝井繁男,才口千晴
平成17年1月19日~:濱田邦夫,滝井繁男,才口千晴,中川了滋(16期・元 一弁会長)
平成18年5月24日:滝井繁男,才口千晴,中川了滋
平成18年5月25日~:滝井繁男,才口千晴,中川了滋,那須弘平(21期・元 二弁副会長)
(16) 平成18年10月16日,16期の島田仁郎(元 大阪高等裁判所長官)が第16代最高裁判所長官となる。
平成18年10月31日:才口千晴,中川了滋,那須弘平
平成18年11月1日~:才口千晴,中川了滋,那須弘平,田原睦夫(21期・元 日弁連司法制度調査会副会長)
平成20年9月3日~:中川了滋,那須弘平,田原睦夫,宮川光治(20期・元 日弁連懲戒委員会委員長)
(17) 平成20年11月25日,21期の竹崎博允(元 東京高等裁判所長官)が第17代最高裁判所長官となる。
平成21年12月23日~: 那須弘平,田原睦夫,宮川光治
平成21年12月28日~:那須弘平,田原睦夫,宮川光治,須藤正彦(22期・元 日弁連綱紀委員会委員長)
平成24年2月11日~: 田原睦夫,宮川光治,須藤正彦
平成24年2月13日~:田原睦夫,宮川光治,須藤正彦,大橋正春(24期・元 一弁民事訴訟問題等特別委員会委員長)
平成24年2月28日: 田原睦夫,須藤正彦,大橋正春
平成24年3月1日~:田原睦夫,須藤正彦,大橋正春,山浦善樹(26期・元 日弁連司法修習委員会副委員長)
平成24年12月27日~: 田原睦夫,大橋正春,山浦善樹
平成25年2月6日~: 田原睦夫,大橋正春,山浦善樹,鬼丸かおる(27期・元 東弁高齢者・障害者の権利に関する特別委員会委員長)
平成25年4月23日~: 大橋正春,山浦善樹,鬼丸かおる
平成25年4月25日~:大橋正春,山浦善樹,鬼丸かおる,木内道祥(27期・元 大弁ハーグ条約問題検討プロジェクトチーム座長)
(18) 平成26年4月1日,26期の寺田逸郎(元 広島高等裁判所長官)が第18代最高裁判所長官となる。
平成28年7月4日~:大橋正春,鬼丸かおる,木内道祥
平成28年7月19日~:大橋正春,鬼丸かおる,木内道祥 ,木澤克之(29期・元 東弁司法修習委員会委員長)
平成29年2月6日~:大橋正春,鬼丸かおる,木内道祥 ,木澤克之,山口厚(期外・元 一弁弁護士・元 東京大学大学院法学政治学研究科長)
平成29年3月31日~:鬼丸かおる,木内道祥 ,木澤克之,山口厚

2(1) 昭和26年10月5日から昭和33年6月2日までの間,最高裁判所判事をしていた小林俊三(定年退官)は戦前,二弁の弁護士でした。
  しかし,昭和22年12月23日に東京高等裁判所長官に就任していたため,裁判官枠としてカウントされています。
(2) 昭和54年4月2日から昭和56年10月17日まで最高裁判所判事をしていた塚本重頼病気を理由に依願退官)は最初の8年間,裁判官をしていました。
  しかし,昭和22年に弁護士に転身しましたから,弁護士枠としてカウントされています。
(3) 平成6年7月25日から平成14年6月10日まで最高裁判所判事をしていた河合伸一は最初の5年間,裁判官をしていました。
  しかし,昭和37年に弁護士に転身しましたから,弁護士枠としてカウントされています。
(4) 平成29年2月6日に最高裁判所判事に就任した山口淳は,平成28年8月1日に弁護士登録をしたばかりの人です(元 一弁弁護士。弁護士登録番号は53854番)から,弁護士出身といえるかどうかについては意見が分かれています。
  仮に同人が弁護士出身の最高裁判所判事ではないとした場合,大橋正春最高裁判所判事(元 日弁連法科大学院センター委員長・元 一弁弁護士)が定年退官した後の平成29年3月31日以降,弁護士出身の最高裁判所判事の人数は3人になることになります。

3(1) 日弁連は,昭和38年5月25日,以下の内容の,「最高裁判所判事後任推せんに関する声明」を発表しました。
  今次定年退官する最高裁判所判事の後任推薦に関して最高裁判所のとった措置は、司法の円満なる運営を阻害するものであり、極めて遺憾である。
  右声明する。
(2) 任命時期から推測すると,昭和38年6月6日任命の城戸芳彦弁護士の最高裁判所判事就任に関して,日弁連が抗議したのかも知れません。

4 平成14年6月に定年退官した河合伸一最高裁判所判事以降,最高裁判所判事就任時の弁護士登録番号で,最高裁判所判事退官後に弁護士登録できるようになりました(東洋経済オンラインHPの「日本の”ナンバーワン”弁護士は誰だ!?」参照)。

5 歴代の幹部裁判官の名簿も参照してください。
① 歴代の幹部裁判官の一覧表(平成14年度~平成28年度)
② 歴代の幹部裁判官の一覧表(平成4年度~平成13年度)
③ 歴代の幹部裁判官の一覧表(昭和56年度~平成3年度)

第2 大阪弁護士会出身の最高裁判所判事の一覧

○大阪弁護士会出身の最高裁判所判事9人は以下のとおりであり(リンク先はWikipediaであり,括弧内の記載は最高裁判所判事在任期間です。),平成2年9月3日以降は途切れることなく最高裁判所判事を輩出しています。
 
① 小谷勝重最高裁判所判事(昭和22年8月4日~昭和35年12月23日)
・ 法政大学法科卒業であり,定年退官後の昭和38年10月27日に72歳で死亡しました。
 
② 色川幸太郎最高裁判所判事(昭和41年5月10日~昭和48年1月29日)
・ 東京帝国大学法学部卒業であり,色川法律事務所の創業者であり,元 大阪弁護士会会長であり(色川法律事務所HPの「~受け継がれた道のり~」参照),定年退官後の平成5年8月5日に90歳で死亡しました。
 
③ 和田誠一最高裁判所判事(昭和57年8月16日~昭和61年4月23日)
・ 東京帝国大学法学部卒業であり,死亡退官しました。
 
④ 1期の林藤之輔最高裁判所判事(昭和61年6月13日~昭和62年8月6日)
・ 東京帝国大学法学部卒業であり,色川法律事務所出身の弁護士であり,死亡退官しました(色川法律事務所HPの「~受け継がれた道のり~」参照)。
 
⑤ 3期の木崎良平最高裁判所判事(平成2年9月3日~平成6年7月24日)
・ 京都大学法学部卒業であり,元 大阪弁護士会会長であり,定年退官後の平成17年8月15日に死亡しました。
 
⑥ 9期の河合伸一最高裁判所判事(平成6年7月25日~平成14年6月10日)
・ 京都大学法学部卒業であり,元 大阪弁護士会会長であり,定年退官後の平成15年1月,アンダーソン・毛利・友常法律事務所顧問に就任しました(同事務所HPの「河合伸一」参照)。
 
⑦ 15期の滝井繁男最高裁判所判事(平成14年6月11日~平成18年10月30日)
・ 京都大学法学部卒業であり,元 大阪弁護士会会長であり,定年退官後の平成27年2月28日に78歳で死亡しました。
 
⑧ 21期の田原睦夫最高裁判所判事(平成18年11月1日~平成25年4月22日)
・ 京都大学法学部卒業であり,元 日弁連司法制度調査会副委員長であり,定年退官後の平成28年2月19日に72歳で死亡しました。
 
⑨ 27期の木内道祥最高裁判所判事(平成25年4月25日~)
・ 東京大学法学部卒業であり,元 大阪弁護士会ハーグ条約問題検討プロジェクトチーム座長であり,平成31年1月2日に定年退官が発令される予定です。 

1 相談予約の電話番号は06-6364-8525であり,交通事故(検察審査会を含む。)及び債務整理の初回の面談相談は無料であり,相続情報公開請求等の面談相談は30分3000円(税込み)です。
   交通事故及び債務整理については,無料の電話相談もやっています。
 
2 執務時間は原則として平日の午前10時から午後7時30分までですが,事前のご予約があれば,午後8時30分まで夜間相談可能です。
 
3 弁護士山中理司(大阪弁護士会所属)については,略歴及び取扱事件弁護士費用事件ご依頼までの流れ,「〒530-0047 大阪市北区西天満4丁目7番3号 冠山ビル2・3階」にある林弘法律事務所の地図を参照してください。